フラット35Sでローンを組みましょう!

今は東日本大震災や高齢化社会も重なり、耐火性や耐震性やバリアフリーなどが求められています。
そういういい住宅を建てる気があるなら、フラット35Sでローンが組めるかもしれません。
詳しく言うと、先ずは高齢化のためのバリアフリー性がある住宅で、耐久性が有り家族の構成の変化にも対応できる可変性を持ち、当然地震に強い耐震性に優れ、高い水準での断熱性を持つ省エネルギー住宅のすべての基準をクリアしていないと組めないローンが、フラット35Sです。
確かに普通の建売住宅よりかなり割高になりますが、基本的には核家族ではなく二世代いや三世代が住む事を有る程度前提にした住宅で、その為フラット35より金利が10年間マイナス0.3%してくれるというかなり低金利な住宅ローンです。
自宅で介護をしてもらう事も前提になっている部分もあるので、その分を金利でサポートしようとする住宅ローンで、それにプラスしていい住環境の為のローンといえるのがフラット35Sです。
http://www.flat35kinri.com/