フラット35S審査でチェックする項目とは?

フラット35は審査結果が出るのが銀行よりも遅いことが多いです。それだけ慎重に審査が行われているということですし、住宅ローンのなかで一番審査が厳しいとも言われています。申込者の年収や勤務先、勤続年数といった面も考慮されますし、クレジットカードや消費者金融の利用履歴などもチェックされます。そして、家族構成も判断基準になることが多いです。たとえば、夫婦と子供2人という家族構成の場合、子供が高校生以上かそれ以下かということでだいぶ変わってきます。小さい子供がいるということは、養育費や学費などがまだまだ必要になってくるということですから、家計の負担が大きいとみなされることが多いです。そのため、年収や勤務先、勤続年数といった収入面での条件が同じであり、家族構成も同じであっても、子供の年齢によって融資が受けられる場合とそうでない場合があるのです。少しでも融資の可能性を上げるには自己資金を多く用意することや、クレジットカードの解約などといった方法もあります。また、借り替えを視野に最初は銀行で融資を受けるのも悪くありません。