住宅ローンの固定金利と変動金利を比較すると?

「変動金利」型の住宅ローンもあります。
この「変動金利」は、1年に2回の割合で金利が見直されうことになっていて、金利変動の影響が、自分の住宅ローンに直接影響するようになっています。
ルールとしては、毎回の返済する金額に付いては、5年の間は変動がない用になっていますが、半年ことに金利が見直される用になるため、金利が上昇すると返済している金額の多くは利息であって、なかなか自分が思うように返済が出来ていないといった状況が生じることもあります。
それに反し、「固定金利」の場合は、市場に変動があるとしても、借入れを開始した時期に金利が固定されてますから、世の中の動きに関係なく、自分のマイペースで住宅ローンを返済していくことが可能になっています。