自営業の住宅ローンの審査の疑問点は?

自営業場合、住宅ローンの審査に通りにくいというのは本当なのでしょうか。
銀行としても融資をするときに、返済がスムーズにすすめられる返済能力があるのか調査、審査します。
自営業の場合には、事業内容によっては収入が不安定だったり、事業の運転資金のための借り入れが生じたりすることが予想されます。
そのため、3年分以上の確定申告書で収入状況を審査されます。
それでも、年収の状況によっては審査が通らないことがあります。
信用情報をよくするためには、頭金を物件の価格の1割〜2割以上用意することです。
頭金が用意出来ると言うことが安定した収入があることを証明してくれるのです。
10割借り入れよりもだんぜん審査が通り易くなりますし、返済も楽になります。
自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査通らない・審査落ちしたら?】